苗市2015

  • 2015.05.11 Monday
  • 17:34
「苗市」2015レポート
 
春は、緑が茂る季節。
ということで、今年も4月25日(土)、26日(日)に、多摩市の農家さんが育てた「野菜苗即売会」がありました。


 

毎年会場になるJA東京みなみ「グリーンショップ」が改築中のため、少しだけ場所を移しJAバンクの横の駐車場で開催です。
 
朝8時半スタートにも関わらず、お客さんが大勢集まってきました。




レジを担当するのは、例年通り農家の男性陣です。


苗市では栽培法を聞かれた時のために、男性陣が担当するのだそうです。
 
トマトにナス、キュウリ、ピーマン、ししとう。
夏の代表的な野菜の苗が並んでいます。








ゴーヤにメロン、ズッキーニ、カボチャにオクラ、バジル、シソ、モロヘイヤ。




どれを選ぼうか迷ってしまいます。
 
農家さんが直接販売することもあって、みなさん、農家さんにアドバイスを受けながら選んでいます。




苗の選び方、育て方、肥料などなど。
初心者でなくても、プロのアドバイスはありがたいものです。
 
苗は1個、150円。
接木は、250円です。
「接木はありがたいよ。100円多く出しても、収穫は300〜400円分は多いから」と、毎年接木を選んでいるお客さん。
 



接木は、茎の根元のところにつないだような跡があります。



根っこの部分(台木)と実のなる上の部分(穂木)を組み合わせることで、連作障害(同じ野菜や同じ科の野菜を同じ場所で栽培することで、野菜の生育が悪くなること)に強い苗になるのだそうです。
今年の接木は、トマトとナス。接木のトマトはあっという間に売り切れてしまいました。
みなさん、接木のメリットをよく知ってるんですね。
 
小学生の娘さんといらした女性。
毎年ここで、娘さんと一緒に夏野菜の苗を選ぶのだそうです。
「地元なので、以前から利用してます。ゴーヤは、グリーンカーテン用。グリーンカーテンがあるのとないのとでは、夏の暑さが全然ちがいますよ。」
野菜を自分で育てているからか、娘さんは小さいころから料理の手伝いをするそうですよ。



 
たくさんの苗を購入されていたご夫婦。



「手入れが下手だから、失敗してもいいように多めなの」と奥さま照れ笑い。
でも、「採れたては美味しいから」と毎年の畑作業が楽しいと話してくれました。
「これから帰って、この苗全部を植えなきゃ」と、ご夫婦で苗を抱えて駐車場に向かっていきました。
そうですね、家で作業が待ってますね。がんばってください。
 

「agri agri を見てきたんです」という、10か月の赤ちゃんのママ発見!
ええ! 本当ですか〜〜〜!!
ハートハートハートうれしい
マンションにある共同の畑を借りているとか。畑で育てる野菜の苗を探していたところ去年のagri agri の苗市レポートを見つけ、今年の苗市がいつなのか、ずっとチェックしていたのだそうです。
いやあ、うれしいですねえ。
「でも、子供が小さいのでちゃんと作業ができるか…」と心配も。
以前、赤ちゃん連れで、体験農業に参加し
ているママに会ったことをお話ししました。
一緒に土に触れる親子体験ができるなんて、ステキだと思います。



 
半年前に多摩市に引っ越してきたという若夫婦も。
agri agri というものですが…と名乗ると
「agri agri ですか⁈ 見ましたよ!」
ええ!! またまた、う・う・うれしい
うれしい
 引っ越した先のマンションのベランダが広いので家庭菜園をやりたいと、インターネットで苗が買える店を調べていたのだそうです。
「あのホームページ、見やすいですよね」と、さらにうれしい言葉をいただき、「今日はラッキーな日だ
うれしい」と、喜びをかみしめました。



25日は、14時で終了。
終了間際、雨が少しパラパラ。
お客さんも苗も、少なくなりました。
 
わたしも、ミニトマトと接木のナスを購入しました。
接木の苗を育てるのは初めて。
この夏、どんなふうに野菜が育っていくのか楽しみです。
 



(K)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM