朝顔品評会 2019

  • 2019.07.21 Sunday
  • 12:00

市内の朝顔生産者7名が出品!

朝顔品評会*2019

 

7月5日(金)午前10時、

JA東京みなみ多摩支店の会議室に並んだのは、

多摩市内7軒の朝顔栽培農家さんたちが手掛けた行灯仕立ての朝顔。

「せいせき朝顔市」を翌日に控え、

この日は朝顔の品質を競う「朝顔品評会」が行われました。

 

 

今年の評価品種は「富士」。

鮮やかな色と白い縁取りのコントラストが美しい花が特徴です。

 

 

品評会当日に花を咲かせられるかどうかも農家さんの腕の見せ所。

さらに、仕立てや育ちが揃っているかも審査されるため、

1農家につき2鉢を出品します。

 

 

審査の際に、どの朝顔がどの農家さんのものか分からないよう

2鉢が対に置かれた手前には名前の代わりに番号札が置かれていました。

今年は朝顔栽培農家さんが昨年より1軒増えて、

計7名の方が出品しているので1〜7番の札が並びます。

 

静かな会場の中、朝顔はシャキッとした姿で、

審査が始まるのを待っていました。

 

JA職員が、会場に集まった審査員や職員に向けて、

「花持ちを良くするため室温を低くしています。ご了承ください」とアナウンス。

たしかに冷房が効いていて、ずっと立っていたら ちょっと寒くなってきました。

 

 

「それでは、第37回 朝顔市の朝顔品評会を開催いたします」

経済観光課の宮課長から開催の挨拶と審査員の紹介がありました。

 

今年の審査員は4名。

東京南農業協同組合多摩支店長 鈴木功一さん

南多摩農業改良普及センター所長代理 小澤優さん

多摩市役所市民経済部長 鈴木誠さん

多摩市農業委員会会長職務代理 小島豊さん

 

 

次に、南多摩農業改良普及センターの小澤さんから、

審査方法について説明がありました。

蔓が適当に巻かれているか、花の形や大きさはどうか、色彩が鮮明か、

病害虫の状況、蕾が付いているか、全体の見栄えや葉のバランス、

2鉢の仕立てが揃っているか、などなど。

見るべきポイントがたくさん!

 

審査員は項目ごとに点数を付けていき、最後に集計。

4名の審査員が出した点数の合計で、出品者の順位が決まります。

 

「審査時間は20分です。それでは、お願い致します」


 

しーんと静かな会場。

審査員のみなさん、朝顔と真剣に向かい合い、

手元の審査票へ点数を記入していきます。

 

▲鉢を回しながら全体を観察する小澤優さん。

 

▲しゃがんで下から覗き込んで確認する鈴木功一さん(農協)。

 

▲じっくりと観察して審査票へ点数を記入する小島豊さん。

 

▲鉢を持ち上げて全体を確認する鈴木誠さん(多摩市役所)。

 

1〜7番の朝顔、ひとつひとつ丁寧に見て回る審査員のみなさん。

テーブルの周りを何度も何度も行き来して確認していました。

 

 

20分の審査が終了すると、職員が審査票を回収して集計。

しばらくして、

別室で集計していた担当職員が会議室に戻って来ました。

「お待たせしました。審査結果を発表します」

 

 

「多摩市長賞は3番」と発表があると、会場のみなさん納得の表情。

評価のポイントは、

まず、赤・青・紫の3色の花が揃って咲いていて、

行灯と葉のバランスが良く、どっしりと安定感のある鉢になっていること。

日々の細やかな手入れが行き届いてこその美しさなのだそうです。

 

 

朝顔栽培農家さんたちは、朝顔だけでなく野菜や米なども栽培していて、

今はちょうど夏野菜の管理や収穫等で忙しい時期。

そんな中、毎日、朝顔1鉢1鉢に水やりをしたり、

手作業で蔓巻きや花摘みをしたりと欠かさずお世話を続けてこられました。

 

また、今年の栽培期間中は、序盤に真夏のような天気が連続したかと思えば、

後半は涼しくて雨や曇りの日が多く、例年通りにはいかない管理が求められました。

 

それでも、品評会当日に最高のコンディションに仕上げてこられるのは

農家さんたちの長年の経験と技術の賜物。

本当に素晴らしい朝顔が揃った品評会でした。

 

▲多摩市長賞…萩原 重治さん(連光寺)

 

▲多摩市農業委員会会長賞…萩原 弘さん(連光寺)

 

▲東京南農業協同組合代表理事組合長賞…太田 茂さん(一ノ宮)

 

▲南多摩農業改良普及協議会会長賞…小山 儀一さん(関戸)

 

▲ふるさと多摩夏まつり実行委員長賞…小暮 和幸さん(一ノ宮)

 

▲ふるさと多摩夏まつり副実行委員長賞…相澤 孝一さん(馬引沢)

 

▲ふるさと多摩夏まつり副実行委員長賞…濱田 眞治さん(貝取)

 

 

受賞した朝顔栽培農家のみなさん、おめでとうございました☆

 

さぁ翌朝からは、いよいよ「せいせき朝顔市」がスタート。

農家さんたちのもとでスタンバイ中の朝顔、総勢約1,000鉢が

晴れてお披露目となります!

 

(a)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM