苗市レポート

  • 2014.05.02 Friday
  • 17:10
農家さん&JAスタッフ強力サポートで
家庭菜園の玄人も納得の「苗市」

 
ゴールデンウイークに突入した土日の
4月26日、27日に、多摩市の農家さんが育てた苗を販売する「苗市」がありました。
場所は、グリーンショップ多摩に隣接する広場。
毎週水・金曜日に朝市をやっている場所です。
朝8時半スタートにもかかわらず、オープン前からお客さんがたくさん。
お客さんが歩道にあふれてきたので、少し早めにオープンしました。
 



どれどれ〜〜〜(☆∀☆)
いっぱいあって楽しい!
見てください! このしっかりしたトマトの枝!




「タネとタネの間をちゃんとあけて、丁寧に育てているからね。だから丈夫な苗になる」と農家さん。
簡易な大量生産ではなく、タネ一粒一粒を大事に育てています。
苗の育ちぐあいで、それ以降の育ち方も違うそうです。
丈夫な苗から育てれば、それだけ収穫の可能性も高まるということですね。

並んでいた苗は、ナス、トマト、ししとう、インゲン、カボチャ、ズッキーニ、ゴーヤ、メロン、スイカ、パセロ、シソ、バジル、ラベンダー…etc.
とにかく種類がたくさん!
しかも、同じナスでも、いろいろな品種が揃っています。これは見ているだけでも楽しい!
素人が見ると違いがわかりませんが、そこはプロの農家さん。
ちゃんとアドバイスをしてくれます。




 「ここのは苗が違う。プロが育てているって感じるね」と毎年ここで苗を購入するという男性。
毎年いろいろなトマト栽培に挑戦しているそうです。
「この人、トマト博士なんだよ」と、一緒にいらした方がその男性を紹介してくれました。
その博士が「苗が違う」っていうんですから、よい苗なんですね。
太鼓判をいただきました(^ ^)


ゴーヤの苗をたくさん購入していたか方も。

 

「グリーンカーテン用に毎年ね。ゴーヤは簡単よ。水をやれば育つから。実は食べられるしね」
日よけしてくれながら、食材も提供してくれる。いい野菜だ!(≧∇≦)
 
中には、メモを片手にたくさんの苗を購入している男性も。
まるで、奥さんに買い物を頼まれた旦那さんのようですが…
だれかに買い物を頼まれたんですか?
「いやいや、畑に合わせて栽培計画を立ててますからね」
失礼しました! 家庭菜園の玄人ですね。


    

苗市では、段ボールや台車を用意してくれるので、たくさん買っても大丈夫。
駐車場もあるので、肥料や栽培用の土など重いものを買っても安心です。
 
ご夫婦で、野菜だけでなくバジルとラベンダーの苗を購入しているご夫婦がいました。




「ハーブは、虫よけにね。今年はアブラムシが多いらしいから」
なるほど、ハーブは防虫にもなるのですね。
 
子供を乗せる自転車に、本日は子供でなく苗を積み込んでいるママも。
「育っている様子を、子供に見せたいなと思って」とママ。
以前スーパーで買った苗ではうまく育たなかったとか。
「でも多摩の農家さんのジャガイモで栽培したら、うまく育ったのでここまで買いに来ました!」
ここの苗は丈夫ですから、きっといい栽培体験ができると思いますよ。
 
お、小学生の男の子発見。



自分用の苗?
「いえ、家族みんなの。ぼくが買い物担当で」
自分で苗の選択から始めると、育てる責任感が高まりますよね。
 
そうこうしている間に、みるみるうちに苗がなくなっていきます。
お客さん一人がたくさん購入するので、なくなるのも早い!
9時には人気の大玉トマトやキュウリが完売していました。
「去年は2日目のお昼に来たらもう片づけてて。だから、今年は1日目に来たのに、ないじゃない〜」と嘆くご婦人も。
そんな声が多かったからか、農家さんさっそく追加で搬入しました。


   
すぐに再入荷可能なところが、農家さんの直販ならではです。
 
にしても、今回はレジが男所帯です。




いつもは奥さまたちが並んで花があるんですが…(´∀`;)
「栽培のしかたを説明しなきゃいけないでしょ。だから今日は男性陣の出番なの」と農家さん。
そうか、そうですね。
「野菜のおいしい食べ方」は女性陣、栽培は男性陣。
役割分担されているところも、なんか農家さん同士やご夫婦の仲良さを感じます。
 
せっかくなので私も、ベランダで家庭菜園しようと苗を購入。




「ハーブは育てやすいよ」とアドバイスされたので、しそ、ラベンダー、バジルを購入。
それと、お客さんに大人気だった「大玉トマト」。
「ミニトマトの方が育てやすいよ」と農家さんに勧められるのをさえぎり、「麗夏」という品種を選択。
だって、お客さんが美味しい美味しいっていうもんで…。
まあ、とにかくがんばって挑戦してみます。
トマト栽培に適した肥料なども選んでいただきました。
初心者には、これはありがたいです!
 
ここで農家さん&JAさんからの
「エ〜!知らなかった!
(°Д°)Σ」植え替えアドバイス
 
その1
植え替えは、ゆっくりでOK
買って帰ったらすぐに大きな鉢や畑に植え替えなきゃ!と思っていた私。
でも、これまでハウスで温かく育てられてきた苗たち。
環境が変わるとびっくりしちゃうこともあるそうです。
しかも「GWには風が吹く」らしい。環境が変わったうえに強風で、弱ってしまうことも。
なのでGWの風が通り過ぎてから植え替えても大丈夫だそうです。
 
その2
植え替えるときは根を「割る!」
植え替えるときに、根はできるだけ優しい〜く気を遣っていた私。
でも「根は甘やかさない!」が大事らしい。
ポットから土ごと出したら、下から手を縦に入れ根の真ん中からガバッと割る。
根を割ると、ブチブチっと根が切れる。それが大事とか。
根を切ることで新しい根が伸びてきて、新しい環境の中でも対応できる苗になっていくそうなのです。
ひゃ〜知らなかった。
もちろん、手荒に扱うのはNGです。
 
多摩市の農家さんの苗市を初めて体験した私。
元気な苗を購入できるだけでなく、必要な栽培道具や栽培の注意点など、
たくさんのアドバイスをいただけ、育てる自信もつけてもらえました。
 
次の苗市は1年後。
その頃、我が家のハーブたちはどうなってるでしょ。
そして、大玉トマトは口にすることができているのか⁈
そんなことを考えると、農業って1年に1回なんだなあ。
しみじみ実感しつつ、帰宅後、買った苗たちを陽の当たる場所に出し、ジョウロがわりにやかんで水やりをしました。
 
(K)
 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM