原峰のいずみ稲刈り会2018

  • 2018.11.03 Saturday
  • 15:45

「原峰のいずみ」今年もみんなで稲刈りしました!

 

多摩市の米を使った日本酒「原峰のいずみ」。

フルーティな香りで淡麗すっきりな味わいの純米吟醸酒です。

 

▲多摩市のお酒。

日本酒「原峰のいずみ」と梅酒「白加賀」

 

 

「原峰のいずみ」の原料になる酒米を作っているのは、多摩市で4軒残る米農家。

一ノ宮の太田農園、小暮農園、和田の柚木農園、そして、関戸の㟁(きし)農園です。

 

その㟁農園で、「原峰のいずみ」を地元で盛り上げようと、

毎年参加者を募って楽しむ「田植え」と「稲刈り」のイベントが開催されています。
主催は、㟁農園と、日本酒店の老舗「小山商店」を始めとする多摩市酒販組合です。

「原峰のいずみ」発売当初から、かれこれ20年以上も続いているそうですよ。

 

 

今年も6月に「田植え会」を開催。

雨を心配しつつ、1時間かけて、みんなで田んぼ2面に苗を植えました。

 

▲今年の田植え会の様子

 

みんなで植えた苗は、

この夏の、日本列島を襲ったものすごい暑さと大型台風に耐え、すくすく成長し、

10月27日(土)

稲刈り会の日を迎えました。

 

実は去年の稲刈り会は、雨のため残念ながら中止。

毎回参加している男性は「2年続けて雨だと、まいっちゃうね」と心配していましたが、

無情にも、今回も雨予報。

当日朝も雨マークは消えず、半分諦め気味でいた私ですが、

雨は朝方少し降っただけ。

9時ごろには青空が見えるほどに持ち直しました。

濡れた稲もほぼ渇き、稲刈り決行となりました♪

やった!!

 

14時。

集まってきた稲刈り仲間と鎌を持って、稲刈り開始です。

 

 

 

田んぼには、酒販組合の皆さんに、農家さん、JAの職員さん。

agriagriの声かけで集まった人や、毎年参加する常連さん、初めの参加者も。

市の職員さんや、市議会議員さんもいました。

中には、同じ日に開催された調布の花火大会に行くついでに

田んぼに寄ってくれた池袋のカップルも。

ありがたい。

稲刈りは、力仕事も多く、人手がいりますからね。

 

 

指導役は、米農家の㟁俊昭さんと小暮和幸さんです。

1束ずつ、根元から15僂らいのところを鎌でザクリ。

10束ほどをまとめ、根元を揃え、濡らしたわらでしっかり束ねます。

 

▲右から2人目が小暮さん

 

▲わらは濡らすとしなやかになり、しっかり縛れます。

 

稲刈り班と束ね班に分かれて作業が進みます。

 

 

毎度のことですが、開始30分頃は

「まだまだ稲がある…」と永遠に終わらないような気さえしてきます。

 

それが1時間過ぎるころには、だいぶ慣れてくるからか、

はたまた、稲が片付き、進んだ感があるからか、

急にやる気が湧いてきます。

 

 

「ゴールが見えてきた!」

安堵の声が、あちこちから聞こえてきます。

「最初はなかなか進まなくて、絶望的に思えたわ」と笑う女性も。

 

 

稲を刈り取った田んぼには「稲架掛け(はさかけ)」が組まれ、

次々に稲わらを干していきます。

 

▲㟁さんの指揮で、稲架掛けが組み上がっていきます。

 

さあ、ラストスパート。

「終わったら、美味しいお酒が待ってるよ!」

「そうだ、そうだ!!」

「お〜!!」

今回は、珍しく子どもの参加者がなく大人ばかり。

みなさん、稲刈り後のお酒がちらついているんでしょうか。

掛け声に、俄然、動きが速くなりました。

 

 

 

しっかり落穂拾いまで終え、開始から2時間。

やった〜〜〜!

終わりました!

 

 

心待ちにしていた交流会スタートです。

 

㟁農園と小山商店のみなさんが、

交流会の準備をしてくださっていました。

毎回、ありがとうございます。

 

▲主催者の㟁さん(左)と小山さん。

 

小山喜八さんのあいさつに続き、㟁さんが乾杯の音頭。

「雨に降られず良かった。これも、日頃の行いがいいからかな」と笑いを誘い、

「今年の米は良さそうだよ」と言葉を加え、カンパイ。

 

 

 

田植え後はバーベキューですが、

稲刈り後は、多摩市産野菜たっぷりのけんちん汁です。

 

 

▲こんな大鍋でけんちん汁を作ってくれます。

 

炭火焼きのサンマも。

 

 

テーブルには、小山商店からの日本酒がずらり。

もちろん、原峰のいずみも。

「いろんな日本酒を試したいから、ちょっとずつね」と

のんべーには、たまらない交流会です。

 

 

毎年、田んぼで出会う仲間と一緒に稲刈りに精を出し、

終わったら、楽しく飲んでおしゃべり。

今年の稲刈り会も、無事終了しました。

 

 

夕方、山からの風に揺れている稲を見ていると

昔にタイムスリップしたような気がしてきます。

お酒が入っているからかな。

こんなに素敵な風景が残る多摩市。

やっぱり、魅力的な街だなあ。

 

 

 

(K)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM