新倉農園でイチゴ狩り2018

  • 2018.03.22 Thursday
  • 09:47

新倉農園のイチゴ狩りに行ってきました!

 

多摩市落川にある新倉農園のイチゴ狩りは、2月18日からオープンしています。

ということで、さっそく行ってきました!

多摩センター駅からバスで約15分。「落川」下車、徒歩2分で到着です。

 

 

予約を入れた3時少し前にハウスに着くと、前のお客さんがイチゴ狩りの最中。

平日にもかかわらず、親子連れや女子大生のグループ、

ホワイトデーが近いこともあってか、カップルも2組ほど。

シンガポールから、2人組の若い女性のお客さんも来ていました。

 

 

気軽に行けるデートスポットとしては、確かにいいかも。

女子大生も楽しそう。

孫と来るのはいいかもなあ。孫はいないけど。

海外からもお客さんがくるんだ〜。海外じゃ日本のイチゴが人気らしいし。

 

などと、イチゴの甘い香りに包まれながら一人考えていると、

「お待たせしました」と名前を呼ばれ、はさみとパックを渡されました。

 

さあ、イチゴ狩りスタート。

割り当てられたレーンに入ります。

 

 

3月初めということもあり、まだ青いイチゴもありますが、

大きいイチゴがたくさん並んでいました。

 

 

「大きい〜♪」とテンションを上げていると、

「大きさじゃありません。全体が赤くなっているイチゴが甘いですよ」と、

イチゴの手入れをしているスタッフさんからアドバイスをいただきました。

 

 

アドバイスを受け、真っ赤なイチゴを探します。

たくさんあるから、迷う。

へたの部分まで赤くなっているかを入念にチェック!

この日は、1レーンに私1人だったので、ゆっくりとイチゴが選べます。

 

スタッフさんが記念にと、写真を撮ってくれました。


新倉農園のメインのイチゴは、あきひめ、アスカルビー、紅ほっぺ。

 

それぞれの特徴は

あきひめ…甘くてやわらかい。お子さんには一番人気
アスカルビー…甘味の中に酸味もしっかり。
紅ほっぺ…甘味と酸味のバランスがよくコクがある。

 

それともう1種類、「香りはバラで、味は桃」というう珍しい品種、ホワイトレディーもあります。

ただし、株数が少ないので、遭遇できたらラッキーですが…

ありました!

 

 

ピンク色のイチゴ。

色が薄いので、熟していないように見えますが

「香りを嗅いでみて、いい匂いがしたら食べ頃です」と、スタッフさん。

 

試しに1つ嗅いでみると、バラのようないい匂い。

鼻を寄せただけで、いい香りがしてきました。

ホワイトレディー GET!です。

 

ミツバチがせっせと受粉作業をしていました。

 

真っ赤なイチゴを見つけては、ついついはさみを入れてしまいます。

「これがラスト」と言いつつ、また1個、また1個。

紅い可愛いイチゴは、誘い上手です。

 

新倉農園のイチゴ狩りは、100g300円(税抜)の量り売り。

ハウス内に、はかりが置いてあるので、

「今、いくらくらい?」をチェックできます。

安心ですね。

 

ということで私は、1,000円分くらいで摘み取り終了。

私の前にレジに並んでいた、お孫さんを連れたご家族は山盛り2パック分。

自分の予算に合わせてイチゴ狩りができるのも、ありがたいです。

 

 

支払いが済むと、ハウスの隣にあるベンチで食べることができます。

この日は、いいお天気。

目の前に広がるブルーベリー畑を見ながら、摘みたてのイチゴを味わっていると、

隣りのベンチから、「甘〜い」と男の子の声が聞こえてきました。

 

今年の冬は寒かったこともあり、イチゴがゆっくりと育っているそうで

「その分、甘くていい実ができていますよ」とスタッフさん。

 

 

新倉農園のイチゴ狩りは、5月までオープン予定です。

「春休みぐらいから、いいイチゴがどんどん出てきますよ」とオーナーの新倉隆さん

 

営業日や予約方法は新倉農園のホームページをご覧ください。

 

(K)

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM