直売所「いきいき市」の初売り2018

  • 2018.01.18 Thursday
  • 16:31

いきいき市の初売り&甘酒

 

市内の農家さんが直接販売する、多摩市産農産物直売所「いきいき市」

聖蹟桜ヶ丘駅近くのザ・スクエアの裏手にある店舗で、

毎週月、木曜日の13時半から16時まで営業しています(夏場は時間と曜日が変わります)。

ファンも多く、毎回オープン前からお客さんが並びます。

 

 

今年の初売りは、1月15日。

久しぶりの営業とあって、いつも以上にお客さんが集まっていました。

13時半。

黄色いかごを手に、順番に店内に入っていきます。

 

 

多くのお客さんが、かごいっぱいに野菜を入れています。

「久しぶりのいきいき市だからね」と、いつも利用しているお客さん。

「新鮮だから保存も利くし、助かるわ」と、娘さん家族の分も購入した方もいました。

「白菜も大根も買ったから重くなって」と苦笑いの女性。

冬野菜は、重量がありますものね。

 

白菜や小松菜といった葉物が人気のようです。

白菜は、1時間ほどで無くなりました。

「最近、野菜が高いから」とお客さん。

白菜が、スーパーではいきいき市の倍の値段で売られていたと話していました。

 

初売りのお楽しみの一つが、農家さん手作りの甘酒。

多摩市産米を使った米麹で作っています。

 

 

レジで支払いが終わると

「甘酒いかがですか」と農家さんから声が掛かります。

 

 

麹で作った無添加の甘酒は、砂糖は使わず自然の甘み。

やさしい味がします。

「砂糖は入っていないの?」と驚く方も多く、

「こんな美味しい甘酒は初めて!」と喜んでくださった方もいました。

 

 

お好みで、甘酒に生姜をプラス。

寒空の下、甘酒を飲みながら「温まるわ〜」と

ほっと一息。

 

15時には葉物がほとんどなくなり、

野菜類はほんの少しの大根やごぼう、かぶ、レモンなどの柑橘類だけに。

 

野菜は買えなかったけれど、

「欲しかった味噌が買えたからいいわ」という女性も。

いきいき市では、地元味噌「原峰のかおり」も販売しています。

 

すっかりなくなった野菜棚を見て、お店を出ようとした方に

「甘酒だけでも飲んでいきませんか」と農家さんが声を掛けていました。

 

 

野菜も甘酒も、たくさんの方に喜んでいただいた初売りでした。

 

 

今年も、いきいき市を始め、グリーンショップ多摩、

アンテナショップPonteなど、多摩市産農産物販売所をよろしくお願いします。

 

(K)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM